控訴後の保釈に弁護士がスピード対応

 

【控訴】国選弁護士だと保釈が遅くなる

一審で実刑判決が下されると判決当日に勾留されてしまいます。一審の国選弁護士の業務は判決当日に終了します。控訴するときは、新たに別の国選弁護士を選任し、その弁護士に保釈請求をしてもらいます。

 

被疑者国選弁護士の場合、選任を要請してからおおむね24時間以内に、国選弁護士が警察署まで接見にきてくれますが、控訴した場合、国選弁護士の選任を希望しても、実際に選任されるまでに1か月程度かかってしまいます。

 

裁判員裁判のような重大事件では2か月以上かかることも少なくありません。

 

ご本人だけで保釈請求を行うことは難しいため、一審で実刑判決が言い渡されると、控訴審の国選弁護士が選任されるまで長期間勾留された状態が続くことになります。

 

【控訴】私選弁護士であれば保釈もスピード対応

控訴後に国選弁護士の選任を要請しても、実際に選任されるまで1か月以上かかることが多いです。これに対して、私選弁護士にはそのような事情はありません。いつでも選任することができます。

 

例えば、実刑判決が出た場合に備えて、一審の判決前に私選弁護士に保釈の準備のみ依頼し、もし実刑判決だった場合は、判決当日に再保釈請求することも可能です。

 

ウェルネスの弁護士は、このようなケースで、判決当日の再保釈を獲得したこともあります。

 

【控訴】ウェルネスの保釈対応

ウェルネスでは、弁護士が控訴後の再保釈請求のみ行うことも可能です。次の条件を全て満たす方が対象となります。

 

【対象となる方】

・東京高等裁判所に控訴された方、控訴予定の方

・一審で保釈されていた方

・罪を認めている方

 

【控訴】保釈の弁護士費用

再保釈のみご依頼いただく場合の弁護士費用は次の通りです。

 

①着手金…15万円(税別)

②報酬金…10万円(税別)

*着手金には1回分の接見料金が含まれています。

 

ウェルネスは刑事事件専門の弁護士事務所です。まずは03-5577-3613までお電話ください。

 

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】