振り込め詐欺・オレオレ詐欺の解決事例

振り込め詐欺・オレオレ詐欺の解決事例①

事案の概要

詐欺グループが運営する出会い系サイトで、架空の男性になりすまし、メールで女性利用者をだまして金銭を振り込ませた事件。ご本人(30代男性・会社員)は、グループの事務所で、マニュアルに従って、多数の女性利用者に対して、「会員登録すれば支援金を支払います」等といったメールを送信していました。

 

警察が事務所に突入し、他のメンバーと一緒に逮捕されました。グループ自体が手広く活動していたこともあり、6つの事件(被害者6名)で合計5回起訴されました。

 

弁護活動

当初、詐欺グループが雇った弁護士がついていましたが、起訴後に親御様の依頼を受けて受任しました。ご本人は、接見禁止をつけられ、ご家族も面会できない状況で、長期間勾留されていましたが、弁護士が受任後、直ちに裁判所に接見禁止一部解除の申立てを行ない、ご家族の面会が可能となりました。

 

その後、弁護士が被害者6名全員と示談を成立させました。また、第2回公判後に、3回目の保釈請求が認められ保釈されました。裁判では、お父様に情状証人として出廷してもらったほか、弁護士が、被害者全員と示談が成立していることや、ご本人がグループの中で重要な役割を担っていなかったこと等を主張しました。

 

こうした活動の結果、検察官は懲役3年6月を求刑していましたが、懲役2年4月・執行猶予3年の判決となりました。

 

弁護士のコメント

本件のような組織的詐欺のケースにおいては、だまし役(かけ子)は実刑となるのが原則です。今回の事件では、被害者全員と示談したこと等が評価され、執行猶予付きの判決となりました。

 

ご本人・ご家族の直筆コメント

 

 

振り込め詐欺・オレオレ詐欺の解決事例②

事案の概要

ご本人(30代男性・派遣社員)が、現金受け取り役の見張りとしてオレオレ詐欺に関与した容疑で、逮捕・勾留された事件。

 

弁護活動

当初、国選弁護士が選任されていましたが、ご本人の状況や弁護方針についてご家族へ殆ど説明がなされておらず、心配したご家族の依頼で、起訴後に初回接見を行いました。

 

通常、起訴後に取調べは行われませんが、ご本人には複数のオレオレ詐欺の余罪があったため、起訴後も継続的に取調べを受けていました。弁護士が頻繁にご本人に接見し、取調べへの対応方法を具体的にアドバイスしました。その結果、余罪について再逮捕されたり、追起訴されることはなく、起訴された事件についても執行猶予判決を獲得することができました。

 

弁護士のコメント

(1)振り込め詐欺では1件のみしか関与していないというケースはまれです。そのため余罪の取調べにどう対応するかということが極めて重要になります。

 

(2)国選弁護士が選任されている事件で、ご家族からご相談を受けるケースはよくあります。「弁護士が家族に報告してくれない。」、「接見に行ってくれない。」、「弁護方針に疑問がある。」、「保釈請求をしてくれない。」等気がかりな点があれば、お気軽にウェルネスの無料法律相談をご利用ください。

 

ご家族の直筆コメント

 

 

振り込め詐欺・オレオレ詐欺の解決事例③

事件の概要

ご本人(30代男性・会社員)は、架空の会社の債券を販売する詐欺グループに属し、全国の被害者に偽造の債券を郵送していました。このグループが摘発され、ご本人も芋づる式に逮捕されました。起訴された事件は2件(被害者2名)でした。

 

弁護活動

当初、国選弁護士がついていましたが、ほとんど接見に行ってくれず、家族に連絡もしてくれないとのことで、不安になった奥様から起訴後にご依頼をいただきました。受任後、弁護士が、2名の被害者と示談を成立させました。また、初公判前に保釈請求が認められました。保釈後にご本人は就職活動をして仕事を見つけ、裁判中から仕事を始めることができました。

 

裁判では、検察官の求刑は懲役3年でしたが、全ての被害者と示談が成立したことや保釈中の仕事ぶり等が評価され、懲役2年・執行猶予4年の判決を獲得することができました。

 

弁護士のコメント

本件は被害額約1000万円の組織的詐欺事件です。この規模の振り込め詐欺で執行猶予が認められることはほとんどありません。今回の事件で同じ詐欺グループに属していた多くの共犯者が逮捕されましたが、ほとんどの共犯者が実刑判決となりました。

 

執行猶予の場合、通常、懲役の期間は検察官の求刑通りとなります。今回の判決のように、求刑よりも減刑された上で更に執行猶予が付されるのは極めて異例といえるでしょう。

 

 

振り込め詐欺(オレオレ詐欺)の解決事例④

事案の概要

ご本人(70代男性・無職)のもとに、ある日突然「宝くじで1等が当たりました」との電話がかかってきました。ご本人は、最初は半信半疑でしたが、高齢で判断能力が低下していたことや、電話の相手が当選者用のパンフレット等を送ってきたこともあり、その話を信用してしまいました。その後、電話の相手から、当選金をもらうための条件として、詐欺の出し子の仕事を紹介され、指示された銀行で預金を引き出そうとしましたが、預金口座が事故登録されていたため引き出せませんでした。ご本人は金融機関の職員から通報を受けた警察官によって、窃盗未遂で逮捕されました。

 

弁護活動

ご本人の息子さんからご依頼を受けました。ご本人は高齢で、逮捕される前に、当選金をもらうための条件として多額の金銭を騙し取られていました。また、犯人の言われるままに自分名義の銀行口座を開設したり、多数の携帯電話機を購入していました。ご本人自身が詐欺の被害者でもあることから、弁護士が検察官に対し、ご本人に違法な事をしている認識がなく窃盗の故意がない旨主張したところ、勾留後約1週間で釈放され不起訴となりました。

 

弁護士のコメント

オレオレ詐欺の事案では原則として起訴されますが、このケースでは、ご本人自身が詐欺の被害者であったこともあり、早期に釈放され不起訴となりました。

 

 

【振り込め詐欺・オレオレ詐欺の関連ページ】

振り込め詐欺

振り込め詐欺の控訴弁護

詐欺

詐欺のご質問

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】