• トップ
  • > 盗撮
  • > 盗撮で押収されたスマホに別の盗撮画像があれば逮捕される?

盗撮で押収されたスマホに別の盗撮画像があれば逮捕される?

Q:盗撮で検挙され、持っていたスマートフォンを警察に押収されました。また、自宅にあったPCも押収されました。押収されたスマートフォンやPCには、過去の盗撮画像が複数保存されています。当初検挙された盗撮に加え、過去の盗撮についても立件され、逮捕されたり起訴されるのでしょうか?

過去の盗撮について撮影日時と場所が特定でき、盗撮状況についての証拠がある場合は、その盗撮についても個別に立件され、逮捕されたり起訴される可能性があります。

 

盗撮の日時については画像ファイルを分析すれば容易にわかるので、盗撮の場所がポイントになります。

 

もし特定された撮影日時と場所で盗撮についての被害届が出ていれば、その盗撮についても立件される可能性が高まります。

 

 

過去の盗撮で立件されうる3つのケース

過去の盗撮で立件される可能性が高い3つのケースを紹介します。ご自身の事件について気になる方は弁護士に相談されるとよいでしょう。

 

ケース①:盗撮の被害者が判明していない場合

①エスカレーター上で盗撮したところ、鉄道警察隊に見つかり迷惑防止条例違反で逮捕される。

 

②持っていたスマートフォンを押収される。

 

③押収されたスマートフォンから過去の盗撮画像が見つかる。

 

④その画像について、取調官から撮影状況を聞かれ、「〇〇駅前にあるコンビニで立ち読みしていた女性客を盗撮しました」と答える。

 

⑤警察がそのコンビニから防犯カメラの映像を回収して調査したところ、スマートフォンに保存されていた盗撮画像の作成日時と同じ日時に、被疑者がそのコンビニ内で盗撮している場面が防犯カメラに映っていた。

 

⑥コンビニ店内の盗撮について迷惑防止条例違反または建造物侵入で立件される。

 

 

ケース②:過去の盗撮の被害者が判明した場合

①バス停に並んでいた女性のスカートの中を盗撮したところ、その女性に腕をつかまれ現行犯逮捕される(迷惑防止条例違反)。

 

②持っていたスマートフォンと自宅のPCを押収される。

 

③押収されたPCのハードディスクの中から過去の盗撮画像が見つかる。

 

④取調官から「これは何ですか?」と聞かれ、「〇月〇日〇時頃、〇駅構内のエスカレーターで前にいた女性を盗撮したときの動画です。その女性に見つかり怖くなって逃げてしまいました。」と答える。

 

⑤本人が供述している日時・場所と同じ日時・場所で盗撮された旨の被害届がAさんから出ていた。

 

⑥Aさんが被害届を提出した後、警察が犯行現場近くの防犯カメラの映像を回収し調査していた。

 

⑦防犯カメラに映っている人物と逮捕された本人が似ていた。Aさんもマジックミラー越しに本人を観察してこの人で間違いないと警察に報告。

 

⑧Aさんを被害者とする盗撮についても立件される。

 

 

ケース3:勤務先での盗撮

①勤務先の男女兼用の更衣室にカメラ機能をONにしたスマートフォンを設置し、着替え中の同僚女性(Bさん)を盗撮したところ、Bさんがスマートフォンを見つけて回収。

 

②Bさんが上司に報告。会社から警察に通報しスマートフォンを提出。Bさんは被害届を提出。

 

③押収したスマートフォンから被疑者が特定される→在宅事件として捜査が進められる(罪名は軽犯罪法違反か迷惑防止条例違反になります。どちらになるかは各都道府県によって異なります)。

 

④スマートフォンの中に別の従業員Cさんの盗撮画像が保存されていることが判明。

 

⑤警察がCさんに報告し、Cさんも被害届を提出。

 

⑥Cさんを被害者とする盗撮についても立件される。

 

 

【盗撮の関連サイト】

盗撮

盗撮の解決事例

盗撮のご質問

盗撮の弁護士費用

横浜駅の盗撮に強い弁護士

盗撮ハンターの相談は弁護士へ

 

 

ウェルネスの弁護士が取り扱った盗撮事件は100件以上ですが、余罪で逮捕・起訴されたケースは0件です。ウェルネスでは余罪も含めてあなたをトータルサポートします。

刑事事件の法律相談24時間受付

03-5577-3613

お問い合わせ

オーダーメイドの法律事務所

ウェルネス法律事務所

【大きい地図を見る】